「日本人のそばに居続けられるパンをつくりたい」お取り寄せ from 熊本

熊本県にかわいい女性が一人で営む「ごぱん屋うっでぃー」というパン工房があります。
自宅の玄関先を一ヶ月に数回だけ地元の方が買い求めることができるようお店にします。
他は地元のお店に降ろしたり、大阪阪急さんを始め、各地にいる「ごぱん屋うっでぃー」のファンに届けていらっしゃいます。
私も彼女の人柄と、勿論パンの美味しさと、そこに注ぐ想いに触れて大ファンのになりました。
この度、私につながる方にも存分にお楽しみいただきたいと【ちびっこ】を入荷致しました。
(手のひらいっぱいの大きさ♪)
.

.
.
まず、原材料をご覧下さい。
小麦粉(熊本県産)、発芽玄米(熊本県産無農薬)、小豆(熊本県産無農薬)、黒砂糖(沖縄多良間島)、塩(天草塩の会 自然海塩)、酵母
.
.
このシンプルさぁぁぁぁぁ♥
ぜひ、最初は何も付けずにお召し上がりください。
香り高くて、噛めば噛むほど小麦粉と玄米の見事なコラボレーションの甘味と香りがにじみ出てきます。
乳製品・油脂・卵も不使用なので、アレルギーのあるお子様などにも安心なのですが、とはいえ、中はふわふわ♥
焼けば外はかりっと、そして面白いのが、蒸すとぷりっとして面白い食感で頂けます。
名前のとおり「ごぱん」はきんぴらを挟んだりお味噌汁と一緒に♪
普段のご飯のおかずもよく合いますし、私はたっぷりとよつ葉バターをぜいたくに染みこませて頂く王道の食べ方にも至福を感じます♥
.
.
彼女はフランスに修行へ行ったほどパンを愛しています。
ただ、その修行で彼女が氣付いたことは「日本人の身体にはご飯が合う」「日本人のそばに居続けられるパンをつくりたい」ということでした。
フランスまで修行に行ったのにも関わらず、彼女はパンにご飯を練りこむことを挑戦し始めます。
今でこそ、日本では「ご飯入りパン」というような表現を聞いたことのある方も多いと思いますが、彼女が挑戦し始めた当時はまだ珍しいことでした。
.
.
そしてまた、海外を知ったからこそ、熊本という彼女の出身の地で、お米や野菜を育てていらっしゃる農家さんのすごさや有り難さに氣づき、少しでも力になれないものかと模索され彼女の商品が生まれます。
.
.
小さな女性がパンへの愛から、地元への愛に繋がり、食べる人のことを想い作る「ごぱん」
ぜひぜひ、日ごろの生活の楽しみに加えていただけたらと思います。
.
.
1個⇒230円
4個⇒850円
にて、ご提供させていただきます。
.
.

この記事にコメントする

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 

Blog アーカイブ

2019年10月
« 4月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン