「ねりまゴミフォーラムさんのボカシ作り」

お野菜をできるだけ多く使わせて頂いていますが、正直、無農薬にこだわりすぎることはしていません。
農がそんなに簡単なことではないことを少しは知っているつもりだからです。
心をこめて育ててくださっているかどうか。
それを軸においています。
心をこめて育てたり、作っていらっしゃるものに、また少しだけ手を加えさせて頂いて、どなたかにお召し上がりいただく。

 

受け取る人、供給する人同士が顔を見える関係を築くからこそ、心をこめて育てる・使わせて頂くという想いに繋がるのだと思います。
有り難いことに今周りのずいぶん多くのモノや口にするものを、その関係性の中で頂いています。
そうすると、今度は何一つムダにしたくなくなってくるのですね。
あの母さん父さんが育てたお野菜の皮一つ、あの方が育てた卵の殻一つ、あの方が育てたお肉の脂身一つ、あの方が大切に日本に運ぶエビの殻一つ・・・・
勿論、頂けるものは極力頂くワケですが、それでも出てしまう「生ゴミ」。

この生ゴミを回収してくださっているのが「ねりまゴミ・フォーラム」さん。
http://www.geocities.jp/nerima_gomiforum/
基本的には市民団体で心ある方々のボランティアによって運営されています。
家庭で出る生ゴミを堆肥にして、練馬の農家さんの畑の肥やしにして頂く循環を生んでくださっているのです。
有り難いことに私個人もその仲間入りをさせて頂いていて。
でも、なかなか活動自体にお手伝いできることがなく、ただ回収していただくばかりで恐縮しています。

先日少しばかりの時間でしたが、『ボカシ作り』に参加させて頂きました。
籾殻にEM菌の入った液体(これも仕込んでいらっしゃる)を混ぜ、それに米ぬかを混ぜるといった作業です。
それを発酵させて小分けにしたものを、私を含む会員の方各自がもらいに来て、
家庭で生ゴミと混ぜ込みながらバケツに保管し、大体2週間に一度のペースで回収してくださるというシステム。
作業自体はシンプルですが、一気に20KG分を作ったりするのでちょっとの力が必要。
けど、実際にその作業をしてくださっている方は私の母より上、もしかしたらおばあちゃま世代の方メインでやってくださっているのです。

この会員の方は練馬で50名位だそうで、特に若い方を募集しています。
なぜなら、この活動をもっと広げていきたい、つまりは先の世代のことを考えていらっしゃるからです。

とても、楽しい一時を過ごさせて頂きました!
練馬に住む皆様~
今度、一緒にボカシ作りや、ねりまゴミフォーラムさんの集いに参加しませんか?

a

この記事にコメントする

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 

Blog アーカイブ

2016年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829  

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン