温泉醸造津軽味噌

『温泉の部屋で寝てるんだよ。』

雪深い青森の大鰐町(おおわにまち)では温泉の熱で熟成させるという、
明治時代から変わらない製法で味噌を作り続けています。

大鰐町は温泉の湯量がとても豊富で、降り積もった道を溶かすのにも温泉を使うらしいです。
その自然の恵みは雪だけではなく、味噌作りにも活用されてきたといいます。

使う大豆は青森県産「おおすず」。
地元の味噌は地元の豆で作る。

この「温泉醸造津軽味噌」はちょっとしたカフェのお味噌で味わうことができます。
お味噌汁のお野菜は、地元練馬産の旬なものでお作りしています。
また、このお味噌を好きになった方には、ちょっとしたカフェにてお買い求め頂けます。

先日、ちょっとしたカフェへ
この大鰐町からお客様がいらっしゃいました!!
お味噌を送って頂いているそうま屋・米酒店の相馬さんがいらしてくれました。
お土産に、「津軽路」という地ビールを頂きました。
ありがとうございます!
その地ビールと相馬さんのスマイル写真がこちらです。

ちょっとしたカフェでも、青森フェアを開催したいと思います。(予定)
その際に、限定で津軽路樽生ビールを飲めるように企画中です。

雑誌ビオ(特別編集クロワッサン)より記事の一部を抜粋

この記事にコメントする

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 

Blog アーカイブ

2008年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン